免責とは

免責とは免責金額のことで、つまりは事故負担額のことです。
免責は自動車保険においては主に車両保険で扱われるもので、契約をする時に任意で免責額を設定することになります。

 

免責をどのくらいの額に設定できるのかというのは保険会社によっても違うのですが、免責が高いほど保険料が安くなり、免責が低いほど保険料が高くなるというのもどこの保険会社でも同じです。
なぜ免責の額によって保険料が高くなったり安くなったりするのかというと、免責は自己負担する額なわけですから、免責が高いほど保険会社が補償する費用が少なくなるからです。

 

たとえば、免責30万円に設定している時に事故を起こしたとします。
この時の損害額が50万円だった場合、免責によって30万円は自己負担することになりますから、保険会社が補償する額は残りの20万円ということになります。
もし、免責が10万円だった場合は保険会社は40万円を補償しなければなりませんから、免責が低いほど保険会社の負担が大きくなるということです。

 

こうした仕組みによって、免責の額によって保険料も変わるようになっています。
保険料が安くなるというのは魅力ではありますが、その分万が一の時に自己負担する額が大きくなってしまうというリスクもあります。
自分の自動車の利用状況や頻度などをよく考えて免責は設定することが重要になります。
自動車に乗ることが少なく、事故を起こしてしまう可能性も低いと考えられる場合には、免責を低く設定するのがお得でしょう。

免責とは関連ページ

記名被保険者
用語集です。記名被保険者とは何なのか解説しています。
逸失利益
用語集です。逸失利益の意味について解説しています。
過失割合
用語集です。過失割合とはどういう意味なのでしょう?参考にして下さい。
中断証明
自動車保険で使われる中断証明の意味について解説しています。
休業損害
休業損害とはどういうことなのか?休業損害について説明します。