記名被保険者とは

自動車保険において記名被保険者とは、契約している車を主に運転する人、もしくは契約している車の所有者、自動車検査証上の使用者にあたる人のことを指します。
このどちらかの条件に該当しており、なおかつ保険証券の記名被保険者欄に氏名が記載されている人が記名被保険者ということになります。
もし保険証券の記名被保険者欄に誰の氏名も記載されていないという場合は、契約者本人が記名被保険者となります。

 

ここで注意したいのは記名被保険者が自動車保険の契約者であるとは限らないという点です。
この2つは別々なもので、自動車保険の契約者と記名被保険者が違う人物であるということも珍しくありません。
契約者は自動車保険を締結した人のこと、記名被保険者は主に自動車保険を利用することになる人のことです。

 

記名被保険者を誰にするかはとても重要で、対人賠償や対物賠償、人身傷害などをはじめとした補償の対象となる範囲を決める要素となります。
そのため、基本的には主に車を利用する人を記名被保険者とすることが多いのですが、補償の対象となる範囲のことも考えながら記名被保険者を誰にそうでなければいざという時には十分な補償を受けられなくなってしまう場合があるからです。

 

自動車保険は記名被保険者だけではなく、その家族を中心として何人かの方が対象になる場合があります。
その時、記名被保険者が誰かというのが重要になってきますので、改めて記名被保険者が誰になっているか、これから自動車保険に加入するのであれば誰にするのかをしっかりと考えましょう。

記名被保険者とは関連ページ

逸失利益
用語集です。逸失利益の意味について解説しています。
過失割合
用語集です。過失割合とはどういう意味なのでしょう?参考にして下さい。
中断証明
自動車保険で使われる中断証明の意味について解説しています。
免責
免責。よく聞く言葉ですが、自動車保険における「免責」とは、どういうことなのでしょうか?
休業損害
休業損害とはどういうことなのか?休業損害について説明します。