過失割合とは

自動車保険において、過失割合というのは支払われる補償の額を決める重要なものです。
過失割合は事故の責任のようなもので、つまり自分と相手、どちらにどのくらい事故の責任があるのかというものを数字化して表したものです。
責任が大きいほど相手に対して支払わなければいけない額が大きくなっていきますし、自分に必要な補償は少なくなっていきます。

 

たとえば、交通事故によってお互いに自動車を修理しなければいけなくなったとします。
この時、相手にどのくらい支払うのか、そして、自分はどのくらいの補償を受けられるのかを決める重要な要素が過失割合です。
今回は相手が7、自分が3として考えてみましょう。

 

相手の自動車の修理費が30万円、そして自分の自動車の修理費が50万円とします。
今回は自分の過失は3ということになっていますから、30万円の30%、つまり9万円が修理費として補償されることになります。
さらに、自分の自動車の修理費については相手が50万円の70%である35万円を補償してくれることになりますから残った15万円を車両保険を利用するか自費で支払うことになります。

 

この場合、自分の責任は相手と比較して少ないわけですから、相手に対する修理費の補償は少なくて済みますし、逆に自分の自動車の修理費の大半は相手が補償してくれます。
もし過失割合が逆であっても場合は当然自分が補償しなければいけない額が増えることになります。

 

この過失割合は事故の状況などによって決められ、自動車保険においては重要な要素となっています。

過失割合とは関連ページ

記名被保険者
用語集です。記名被保険者とは何なのか解説しています。
逸失利益
用語集です。逸失利益の意味について解説しています。
中断証明
自動車保険で使われる中断証明の意味について解説しています。
免責
免責。よく聞く言葉ですが、自動車保険における「免責」とは、どういうことなのでしょうか?
休業損害
休業損害とはどういうことなのか?休業損害について説明します。