就業中の事故は労災を使える?

働いている人が、仕事中や通勤途中に交通事故に巻き込まれて負傷した場合
労災を使うことはできるのでしょうか?

 

就業中や通勤の途中で負ってしまった怪我の場合は
労災保険への給付請求が可能です。
ただし、相手がいる自動車の事故では、怪我を負った被害者としては、
事故の加害者が加入している自賠責保険へ保険金を請求することも可能です。
この場合、労災保険の給付との調整があります。

 

原則として、原付を含むすべての自動車には
自賠責保険への加入が義務づけられています。
これは自賠責保険が被害者の救済を目的としているからです。

 

自賠責保険には、労災保険の給付にはない慰謝料の支払いなどがあります。
場合によっては、内容が手厚くなります。

 

通常の場合、自賠責保険では、怪我の場合は120万円が限度です。
相手方が任意保険の対人賠償責任保険に加入している場合は、
さらに補償を受けることが出来ます。

 

ただし、こうした自動車保険からの給付を受けるか、
会社からの労災保険で給付を受けるかは、被害者の方から選択出来るので
場合によって使い分けると良いですね。

 

では、労災保険を使った方が良いようなケースを考えてみます。
ひき逃げなどにあって、加害者が不明となるような時は
加害者の保険から支払われる保険金がありません。
労災保険を使った方が良いと言えます。

 

また、加害者の側が自賠責保険や任意保険の対人賠償責任保険に
加入していない場合、十分な補償を受けることが出来ません。
こうした場合も労災保険を使った方が有利です。

 

他にも、怪我を負ってしまったけれど、自分の側にも過失があって
補償が制限されてしまうような場合も、労災保険を使っておきたいですね。

就業中の事故は労災を使える?関連ページ

健康保険が使えない?
自動車事故による治療では、健康保険が使えない?これはホントなの?
愛車が盗まれたら
愛車が盗まれたら、自動車保険が使えるのでしょう?
アルミホイルやカーナビだけ盗難
車本体ではなく、付属品であるアルミホイルやカーナビだけが盗難された場合は、保険が下りるのでしょうか?
飲酒運転事故の場合は?
飲酒運転で事故をした場合は、保険金が使えるのでしょうか?
保険金請求の時効
保険金請求の時効はあるのでしょうか?あるなら、いつまでなのでしょう?
リスク細分型自動車保険はお得?
リスク細分型自動車保険は、従来型の自動車保険よりお得なのでしょうか?