保険金請求の時効はあるの?

自動車保険の保険金を請求する際には、時効があるので注意しましょう。
自動車保険には、強制加入する自賠責保険と任意の自動車保険があります。
時効に関しては、どちらも3年と定められています。

 

問題になるのは、いつから起算して3年なのかということです。
加害者と被害者の立場によっても異なります。
それぞれの内容を確認しておきましょう。

 

自賠責保険については加害者請求の場合
被害者又は、病院などに損害賠償金を支払った日が起算日となります。

 

被害者請求の場合
傷害で済んだ場合は事故が起こった日、後遺障害となった場合は
後遺障害の症状が固定した日(医師の診断日)、死亡した場合は死亡日となります。

 

それぞれの状況で時効が設定されます。
この期間内で示談ができず、保険金の請求ができない場合は
所定の手続きを行なうことで、時効を中断させることも可能です。
できるだけ早めに、保険会社に連絡を入れることが大切になります。

 

任意保険については、保険金請求権が発生した時点の翌日から3年となります。
ただし、補償内容によって保険金請求権の発生日が異なります。

 

対人・対物賠償については、
法律上の損害賠償額が示談交渉や判決によって確定した時、
車両保険は損害が発生した日、
人身傷害補償保険は、被保険者が日常的生活が出来る程度に治った場合(傷害)、
後遺障害が生じた時、死亡した時となっています。

 

これらの時効に間に合うように、保険金請求手続きが必要です。
不明な点があれば、すぐに保険会社に連絡を入れるようにしてください。

保険金請求の時効はあるの?関連ページ

健康保険が使えない?
自動車事故による治療では、健康保険が使えない?これはホントなの?
愛車が盗まれたら
愛車が盗まれたら、自動車保険が使えるのでしょう?
アルミホイルやカーナビだけ盗難
車本体ではなく、付属品であるアルミホイルやカーナビだけが盗難された場合は、保険が下りるのでしょうか?
飲酒運転事故の場合は?
飲酒運転で事故をした場合は、保険金が使えるのでしょうか?
リスク細分型自動車保険はお得?
リスク細分型自動車保険は、従来型の自動車保険よりお得なのでしょうか?
就業中の事故は労災を使える?
仕事中の事故は労災を使うことが出来るのでしょうか?