飲酒運転の事故、保険は使えるの?

自動車を運転する時には「絶対に飲んではいけない!」
ということは子どもでも理解できることのはずです。
でも、飲酒運転の末、悲惨な事故を引き起こしてしまった事例が後を絶ちません。

 

「絶対に自分は事故を起こさない自信がある」
「ほんの少しの量しか飲んでいないから平気」などと
安易な考えで飲酒運転をしてしまう方が多いですが、絶対に許される行為ではありません。

 

もしも自動車保険に加入している人が、飲酒運転で事故を起こした場合
保険を使うことはできるのでしょうか。

 

まず、被害者がいた場合は、自賠責保険や任意の自動車保険も
基本的には被害者を救済するために必要とされる保険です。
たとえ運転者が飲酒運転であったとしても、対人・対物賠償保険に加入していれば
保険金の支払を受けることはできます。

 

ただ問題になるのが運転者自身の補償です。
人身傷害補償保険などは、本来運転をする方のために用意されている補償です。
でも飲酒運転の場合は、故意であろうと過失であろうと問答無用で免責となって
保険金の支払を受けることができません。

 

ちなみに医療保険に加入されていたとしても、保険金の支払を受けることができません。
健康保険の適用を受けることもできません。
そのため飲酒運転によって自分自身が大怪我を負っても、
自分の治療費に関しては、全額自己負担となってしまうことを覚えておきましょう。

 

軽い気持ちでした飲酒運転が後で、とんでもない代償を伴うことも頭に入れて
「絶対に車を運転する時には飲まないこと」を肝に銘じるようにてください。

飲酒運転の事故、保険は使えるの?関連ページ

健康保険が使えない?
自動車事故による治療では、健康保険が使えない?これはホントなの?
愛車が盗まれたら
愛車が盗まれたら、自動車保険が使えるのでしょう?
アルミホイルやカーナビだけ盗難
車本体ではなく、付属品であるアルミホイルやカーナビだけが盗難された場合は、保険が下りるのでしょうか?
保険金請求の時効
保険金請求の時効はあるのでしょうか?あるなら、いつまでなのでしょう?
リスク細分型自動車保険はお得?
リスク細分型自動車保険は、従来型の自動車保険よりお得なのでしょうか?
就業中の事故は労災を使える?
仕事中の事故は労災を使うことが出来るのでしょうか?