自動車保険に関する疑問

自動車保険に関する疑問は、いろいろあると思います。
ここでは、いろいろな疑問について考えています。
自動車保険でどうなんだろう?と
疑問に感じている時には、参考にして下さい。

自動車保険に関する疑問記事一覧

自動車事故によって怪我を負った時や、病院で入院治療や通院治療を行った場合に健康保険の適用を受けることができないという話を聞いたことがありませんか?実際に交通事故によって病院に運ばれた方が病院から「交通事故の場合は健康保険が使えない」とされて高額な治療費を請求されてしまったというケースがあるそうです。...

大切に乗っていた愛車がある日突然盗難被害に遭ってしまった!という場合一番最初にすべきことは警察への連絡です。自動車保険のなかで車両保険に加入している方は盗難被害に遭った際にも保険金の支払を受けることができます。まずは警察へ連絡後に保険会社へ連絡を入れるようにしてください。自動車保険に付帯できる車両保...

自動車の盗難被害で報告される中で、転売目的のためにアルミホイールやカーナビだけが盗難されるというケースも少なくありません。ロックをし忘れていた時はもちろん、ひどい時には窓ガラスを割られたり無理やりドアをこじ開けるなどをして、車載品が盗まれてしまうというケースも報告されています。この場合、自動車保険の...

自動車を運転する時には「絶対に飲んではいけない!」ということは子どもでも理解できることのはずです。でも、飲酒運転の末、悲惨な事故を引き起こしてしまった事例が後を絶ちません。「絶対に自分は事故を起こさない自信がある」「ほんの少しの量しか飲んでいないから平気」などと安易な考えで飲酒運転をしてしまう方が多...

自動車保険の保険金を請求する際には、時効があるので注意しましょう。自動車保険には、強制加入する自賠責保険と任意の自動車保険があります。時効に関しては、どちらも3年と定められています。問題になるのは、いつから起算して3年なのかということです。加害者と被害者の立場によっても異なります。それぞれの内容を確...

自動車保険の中には「リスク細分型自動車保険」という商品が存在しています。従来の自動車保険に比べ、リスク要因が細分化されている自動車保険のことで掛金がお得になるなどのメリットがあるのが特徴です。自動車保険が自由化されてい以降、色々な新商品が開発されました。その中でもリスク細分型自動車保険については、い...

働いている人が、仕事中や通勤途中に交通事故に巻き込まれて負傷した場合労災を使うことはできるのでしょうか?就業中や通勤の途中で負ってしまった怪我の場合は労災保険への給付請求が可能です。ただし、相手がいる自動車の事故では、怪我を負った被害者としては、事故の加害者が加入している自賠責保険へ保険金を請求する...