自動車保険、等級と年齢の関係

自動車保険を加入する際、等級と年齢の関係性について理解しておいた方が良いでしょう。
まず、自動車保険は等級が高ければ高いほど保険料の割引率がアップするので、お得になります。
逆にいうと等級が低くなってしまうと保険料が割引率が下がってしまうので、支払う金額が多くなります。
そして、同じ等級でも運転者の年齢条件を設定することによって、割引率をアップし、保険料を下げることができます。
年齢条件の設定というのは、何歳以上の人しか運転しないという条件を設けることで、全年齢補償、21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償、35歳以上補償というように区分されています。
この年齢条件が低ければ低いほど保険料の割引率も少なくなるので、保険料が高くなると思ってください。

 

では、どうして年齢条件が低くなればなるほど保険料が高くなってしまうのでしょうか?
それは、若い人ほど事故を起こす可能性が高く、保険を使用する機会が多いからです。
保険会社からすると頻繁に保険を使用されてしまうと損をしてしまうので、そのリスクを抑えるために若い人の割引率を下げています。
そして、年齢が高い人は事故を起こす可能性が低いと判断されるため、保険料が安くなるのです。
今は保険料が高いと思われていても、年齢が高くなれば保険料をダウンさせることができるので、それまでなるべく高い等級を維持しておきましょう。
そうすれば、保険料の支払いの負担を大幅に減らすことができ、生活を困窮させることはないはずです。

自動車保険、等級と年齢の関係関連ページ

等級とは
等級、よく聞く言葉ですが、具体的に等級とは何なのかを説明しています。
等級の割引率
自動車保険での等級の割引率について解説しています。
等級プロテクト特約とは
自動車保険で、等級プロテクト特約ってありますが、どういう特約だか分かりますか?
等級の譲渡(引継ぎ)の条件
自動車保険での、等級の譲渡(引継ぎ)の条件ってどうなっているのでしょうか?調べてみました。
等級据え置き事故、等級プロテクト、ノーカウント事故
保険を使っても等級が下がらないことがあるノーカウント事故、等級据え置き事故、等級プロテクトについて