等級据え置き事故、等級プロテクト、ノーカウント事故

自動車保険には等級という制度があります。
この等級は、事故を起こした時に、保険を利用することで下がります。
そのため、等級が下がるの防ぐために
修理費などを自己負担することも少なくありません。

 

しかし、場合によっては、保険を利用しても等級が下がらないことも。
該当するものとして、まずノーカウント事故があります。

 

ノーカウント事故の定義は、保険会社によっても違うのですが、
一般的には、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険、ファミリーバイク特約、
弁護士費用等担保特約などの保険がこのノーカウント事故に該当しています。
つまり、こうした保険は、利用しても等級が下がらないということです。

 

また、等級据え置き事故というものもあります。
人為的な事故ではなく、災害などによって損害を受けた場合に
車両保険を利用すると該当します。
火災や台風、盗難などの被害に遭った場合は、等級据え置き事故になって
車両保険を利用しても等級が下がることはありません。

 

さらに、等級プロテクトという制度もあります。
等級プロテクトに加入することで、本来は等級が下がってしまう事故でも
1回目のみ等級をプロテクト。
つまり、等級を下げることなく保険を利用できるようになっています。

 

等級によって保険料は、大きく変わってきます。
こうした等級が下がらない事故については、しっかりと把握しておく必要があります。
特に、等級プロテクトは本来等級が下がる事故も有効です。
とても便利な特約と言えるでしょう。

等級据え置き事故、等級プロテクト、ノーカウント事故関連ページ

等級とは
等級、よく聞く言葉ですが、具体的に等級とは何なのかを説明しています。
等級の割引率
自動車保険での等級の割引率について解説しています。
等級と年齢の関係
自動車保険での等級と年齢の関係についてです。参考にして下さい。
等級プロテクト特約とは
自動車保険で、等級プロテクト特約ってありますが、どういう特約だか分かりますか?
等級の譲渡(引継ぎ)の条件
自動車保険での、等級の譲渡(引継ぎ)の条件ってどうなっているのでしょうか?調べてみました。