一般車両保険と限定車両保険の違い

車両保険とは、簡単に言ってしまうと、自分自身の車に対する保険です。
事故などで契約している車両が損害を受けた場合に、修理代金を支払って貰えます。

 

しかし、車両保険は支払う保険料の金額と、実際に支払われる保険金の金額を
比較すると、とてもコストパフォーマンスが悪い保険だと言えます。
ただ万が一の時を考えると、入っておきたい保険です。
「加入すべきかどうか」、とても判断が難しい保険になります。

 

そうした背景もあってか、近年では一般車両保険の他に、
限定車両保険と呼ばれるタイプが販売されています。
限定車両保険とは、エコノミータイプと呼ばれていたり、
限定Aなどのようにいくつかの種類があります。
紹介していきましょう。

 

先ず一般的な車両保険。
これは幅広い範囲にわたっての補償となり、フルカバータイプとも呼ばれています。
契約車両が事故を起こした場合だけではなく、物が落下してきたり、飛来してきたり、
盗難されたり、浸水、火災などによる損害などを補償してくれます。

 

自分で車庫入れに失敗しても補償して貰えます。
当て逃げされた時も補償してくれます。
だから、安心出来ますよね。
その変わり、保険料の支払額は高額です。

 

対して、エコノミータイプ。
車両保険の幅広い対象を車対車のみに限定したものです。
その分、支払う保険料も割り引きになりますが、
他の二輪車や原付も含む自動車との事故による損害しか補償してくれません。
当て逃げ、自損事故などの損害は補償の対象外です。

 

限定Aタイプの保険、正式名称を車両危険限定担保特約と言います。
盗難や落書き、浸水や火災といった交通事故以外の災害などによる
損害を補償してくれる保険です。
車両保険をつける場合、近年では
エコノミーと限定Aなどを組み合わせて加入することもあるようです。

一般車両保険と限定車両保険の違い関連ページ

車両保険は必要か?
車両保険は必要か?必要でないか?もし、線引をするなら、どこから必要でどこから必要でないのでしょうか?
車両保険の金額
車両保険、入るかは入らないか?迷っている場合、判断の材料になるのが、車両保険の金額だと思います。
車両保険の免責
車両保険には免責がありますが、どういうことかよくわからない方のいると思います。そこで、車両保険の免責についてです。
地震・津波・噴火では
車両保険は、地震・津波・噴火による損害は補償されないのでしょうか?