車両保険の金額

保険料が原因で、車両保険に加入しようかどうか迷われている人も多いと思います。
車両保険の保険料は、意外と高く、加入しないだけで
大幅に支払いの負担をダウンさせることができます。

 

ただ、車両保険に加入しないということは、事故を起こして修理が必要になった場合、
その費用は全て自己負担になるということ。
新車を購入された方や、高級車に乗られている方の場合、車両保険未加入はリスクが高いです。
逆に廃車を考えているようなボロボロの車なら、事故で破損しても修理の必要がないので、
車両保険に加入する必要がありません。

 

車両保険の相場

車両保険の金額はどのように決められ、一体いくらぐらいが相場なのでしょうか?
車両保険の金額は、車両価格や製造年、事故発生率などによって求められた
市場販売価格相当額で決まります。

 

気になる相場ですが、残念ながらその人が所有している車によって大幅に変動します。
一概にいくらと明言することはできません。
なので、愛車の車両保険の金額を知りたい場合は、
保険会社で一度見積もりを取ってみた方が良いです。

 

車両保険料を少しでも抑えたい場合

免責金額を大きくする、カバー範囲を狭くするといった2つの方法があります。
免責金額というのは自己負担額のことです。
この金額を大きくすることによって、保険料を安くすることができます。

 

また、保険のカバー範囲を狭くすることによって、
受け取れるケースは減ってしまいますが、代わりに保険料を下げることができます。

車両保険の金額関連ページ

車両保険は必要か?
車両保険は必要か?必要でないか?もし、線引をするなら、どこから必要でどこから必要でないのでしょうか?
車両保険の免責
車両保険には免責がありますが、どういうことかよくわからない方のいると思います。そこで、車両保険の免責についてです。
一般車両保険と限定車両保険の違い
車両保険にある2つのタイプ、一般車両保険(フルカバータイプ)と限定車両保険(エコノミータイプ)の違い
地震・津波・噴火では
車両保険は、地震・津波・噴火による損害は補償されないのでしょうか?