車両保険は必要か?

車両保険に加入していると、
事故を起こした時の修理費用を保険会社に負担してもらえます。
例えば、相手と接触事故を起こした場合、過失割合で揉めることもあるでしょう。
そういった時でも車両保険に加入していれば、保険を使って、自分の車を修理可能です。

 

事故の度合いによっては

100万円を超えるような莫大な修理費用がかかるケースもあります。
この場合、全て自己負担となると経、済的に追い込まれてしまう可能性も。
でも、車両保険を使用すれば簡単に修理ができます。
このように車両保険に加入することによって、大きなメリットが生まれますが、
絶対に加入した方が良いという訳ではありません。

 

古い車の場合

確かに車両保険に加入していた方が何かとお得です。
でも、廃車を考えているような車に保険は必要なのでしょうか?

 

「故障したら買い替える」
と考えているような車で事故を起こした場合、修理に出さずに廃車や買取に出すはずです。
そうすると修理に出す必要がなく、車両保険に加入している意味が全くありません。

 

同じように格安で購入した中古車であれば、
もし全損したとしても、修理するより新しい車を購入した方がお得です。
こういった場合も車両保険に加入する意味がありません。
保険料を無駄に高く支払っているようなものです。

 

また、修理が必要になっても、数十万円程度であれば、すぐに支払える
という方も車両保険に加入する必要はないかもしれません。
逆に買ったばかりの新車や、修理費用が高い高級車などは
車両保険に加入していないと後々困ることになります。

車両保険は必要か?関連ページ

車両保険の金額
車両保険、入るかは入らないか?迷っている場合、判断の材料になるのが、車両保険の金額だと思います。
車両保険の免責
車両保険には免責がありますが、どういうことかよくわからない方のいると思います。そこで、車両保険の免責についてです。
一般車両保険と限定車両保険の違い
車両保険にある2つのタイプ、一般車両保険(フルカバータイプ)と限定車両保険(エコノミータイプ)の違い
地震・津波・噴火では
車両保険は、地震・津波・噴火による損害は補償されないのでしょうか?