車両保険の免責

車両保険に加入する時に、「免責」というものを設定します。
その免責とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

免責というのは、

加入者の自己負担額のこと。
例えば事故を起こして修理費用が30万円かかるとします。
この時に免責が10万円だった場合、自己負担額が10万円で、
保険会社が残りの20万円を支払うことになります。

 

免責の金額が多ければ多いほど保険料は安くなり、
少なくなれば少なくなるほど保険料が高くなります。
免責なしに設定することもできますが、
そうすると免責をつけている状態よりも、保険料が大幅に高くなると思ってください。

 

免責の種類には、

0-0万円、0-10万円、5-10万円などがあり、この中から設定します。

 

  • 0-0万円

    ★免責ゼロということで、仮に事故を起こして修理費用が発生しても、全て保険会社が負担してくれます。

  • 0-10万円

    ★1回目の修理費用は全て保険会社が負担し、2回目以降の修理費用は自己負担額が10万円という意味です。

  • 5-10万円

    ★1回目の自己負担額は5万円で、2回目以降の自己負担額が10万円という意味です。

 

この中で考えると5-10万円に免責を設定されている人が多いので、
最もスタンダードな免責金額だと思ってください。

 

この免責の金額を多くすれば、車両保険の保険料を抑えることができます。
ただし、免責の金額を多くすればするほど、
万が一事故を起こした時、修理費用の自己負担額が高くなることを忘れてはいけません。

 

車両保険の免責について関連ページ

車両保険は必要か?
車両保険は必要か?必要でないか?もし、線引をするなら、どこから必要でどこから必要でないのでしょうか?
車両保険の金額
車両保険、入るかは入らないか?迷っている場合、判断の材料になるのが、車両保険の金額だと思います。
一般車両保険と限定車両保険の違い
車両保険にある2つのタイプ、一般車両保険(フルカバータイプ)と限定車両保険(エコノミータイプ)の違い
地震・津波・噴火では
車両保険は、地震・津波・噴火による損害は補償されないのでしょうか?