車の使用目的で保険料が変わる

自動車保険に加入する際、車の使用目的によって保険料が変わるということを忘れないようにしてください。自動車保険の見積もりや契約をするとき、使用目的を回答するケースが多いです。該当項目を確認しておきましょう。

 

最も保険料が安くなるのが

「日常・レジャー使用」の場合です。日常的に買い物に使うだけ、休日になるとレジャーに使うだけだから使用頻度が低く、交通事故に遭う確率が低いとみなされます。

 

「通勤通学使用」の場合

一週間のうち5日(一ヶ月のうち15日)以上は、通勤や通学時に自動車を使用する方が該当します。日常・レジャーの場合よりも、交通事故に遭うリスクは若干高くなります。それに伴って保険料も若干高めです。

 

最も保険料が高くなるのは

「業務使用」の場合です。一週間のうち5日(一ヶ月のうち15日)以上を業務に使用することになります。交通事故に遭うリスクは最も高くなります。個人商店などで使用している場合は、ここに該当します。

 

運送業のトラックなど車検証に営業用として記載されている車は、事業用なので該当しません。

 

告知義務違反

使用目的に分けて、見積もりをしてもらうと、保険料もかなり違います。ただ保険料を抑えるために、本当は「通勤通学」に該当するのに「日常・レジャー」として申告して契約して、万が一事故が発生した場合。告知義務違反として保険金が支払われない場合も想定されます。申告は正しくしてくださいね。

車の使用目的で保険料が変わる関連ページ

自動車盗難件数の年次別推移
自動車盗難件数はどれくらい起こっているのでしょうか?年次別推移です。
事故のトラブルで困ったときは、紛争処理センターへ
事故のトラブルで困ったときは、紛争処理センターへ相談してみる。
地域使用
地域によって保険料が変わるという地域使用をご存知ですか?