年齢条件で安くなる

通販型任意自動車保険を安くする方法として、運転者の年齢区分の設定があります。
今回は、その「年齢条件」で安くなるというお話です。

 

「年齢条件」で安くなる

運転者の情報の申告

通販型任意自動車保険を契約する際には、運転者の情報を申告する必要があります。
その一つが「運転者の年齢条件」です。

 

一般的に若年者や免許取り立ての方の事故発生率が高いため
運転する方の年齢が若ければ若いほど、保険料も増額されます。

 

反対に、10代後半から20代前半に免許を取得した運転者も
5年もすると事故率が激減しますので、30代以上の運転者の保険料は
かなり安く設定されています。

 

補償の対象となる運転者の年齢条件

「全年齢補償」から「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」です。
「全年齢補償」は、何歳の方が運転しても補償されます。
「21歳以上」は、20歳以下の方が運転中に事故を起こした場合は補償の対象外です。

 

自動車の保有者が50代で、彼(または彼女)が被保険者の場合

年齢条件を「35歳以上」に設定すると、保険料はこの中で一番安く押さえることができます。

 

しかし、この方の自動車を25歳の方が運転中に事故を起こした場合
年齢条件に合致しないので「補償対象外」になってしまいます。

 

契約者以外の方が運転するとあらかじめ分かっている場合

最年少者の年齢に合わせて設定することが一番です。
この場合は、最年少運転者は25歳ですので「21歳以上」で申告すると
「全年齢補償」よりも割安な保険料となります。

 

さらに、節約

また、自動車保険の契約は1年単位です。
その保険対象期間に、この方が26歳の誕生日を迎えると考えられます。

 

そこで、「21歳以上」にしていた年齢条件を、誕生日以降「26歳以上」に変更。
そうすることで、以後の保険料を安くすることも可能です。

 

この際の変更手続き
通販型任意自動車保険でしたら、電話一本。またはインターネット上で簡単にできます。
変更後の確認も、数分後にはインターネットで見れます。
変更内容も後日書類にて郵送されますよ。

 

一括払いしてても大丈夫
通販型任意自動車保険に加入される方は、年払い
(1年間の保険料を一括して支払うこと。月額払いよりも割引)の方が多いのですが
年払いの場合でも、差額が返金されます。

 

小まめな見直しも、保険料の節約には必要です。