搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車両に乗っている搭乗者が、交通事故によって怪我をしてしまったり、死亡してしまった時に過失に関係なく補償される保険となります。
搭乗者傷害保険における搭乗者と言うのは、契約車両を運転しているドライバーは勿論のこと、助手席や後部座席に乗っている人も含めて、自動車に乗っている人全員が対象となります。

 

この搭乗者傷害保険の特徴としては、仮に自分に過失がないといった事故であっても、搭乗者が怪我をしたりすると補償の対象となります。
反対に、こちらが10割悪いと言ったような場合であっても保険金は支払われます。
基本的に搭乗者傷害保険とは、加害者からの損害賠償金や自賠責保険、各種障害保険などの支払とは関係なく支払われることになります。
保険金を請求した場合であっても比較的スピーディーに支払われる保険であると言っても良いですね。

 

ただし、搭乗者傷害保険のすべてのケースで保険金が支払われるものではありません。
搭乗者傷害保険が支払われることになるのは、正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者と規定されていますので、違法な乗り方をしているような場合には保険金が支払われることはありません。
いわゆる箱乗りと言われるような乗り方をしているような時には保険金の支払いはありませんし、トラックの荷台に乗っていて怪我をしたといった時なども保険金の支払いはありません。
飲酒運転をしているような場合も、搭乗者傷害保険の保険金支払いはありません。

搭乗者傷害保険の説明関連ページ

対人賠償責任保険
対人賠償責任保険とはどういうものなのか?説明していきたいと思います。
対物賠償責任保険
対物賠償責任保険とは、どういう保険なのか?詳しくみていきます。
人身傷害補償保険
人身傷害補償保険とは、一体どういう保険なのか?詳しく説明していきます。
車両保険
車両保険とは?ここでは、車両保険がどういうものなのか、説明しています。
自損事故傷害保険とは
自損事故傷害保険をご存知でしょうか?一体どんな保険なのか、説明します。
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険とは、一体どんな保険なのでしょうか?無保険車傷害保険についてです。