対物賠償責任保険

対物賠償責任保険とは、交通事故によって他人の車や物などを壊してしまった際、法律上の賠償責任を負った時に保険金の支払いがされるものです。
ここで1つポイントになるのが、対物賠償責任保険の対象はあくまでも他人の、と言うところです。
自分の車や物、家族の物に関しては交通事故が原因となって壊れてしまっても、対物賠償責任保険の対象にはなりません。
つまり、自分の家の駐車場に車を入れようとしてぶつけてしまったなどのようなケースでは、対物賠償責任保険の対象外と言うことですね。

 

対物賠償責任保険の補償に関してですが、各保険会社が無制限の補償額を設定した保険を発売するまでは、1000万円ほどの補償額が限度だったと言えますが、近年では対物賠償責任における賠償額も高騰しており、ちょっとした事故であっても対物賠償責任の賠償額が1000万円を超えることは珍しくありません。
対物賠償の場合、トラックと事故を起こしてしまったとすると、トラックそのものだけではなく積荷の賠償責任も発生しますし、さらには間接的な損害に関しても補償をしなくてはならなくなります。
つまり、本来なら出ていたであろうはずの利益を補償する必要があり、仮にお店などを損壊してしまった時には、お店が営業出来るようになるまでの利益を補償しないといけません。
これを考えただけでも、対物賠償責任保険が高騰するのはお分かり頂けるでしょう。

 

ちなみに対人賠償責任保険とは一字違いになるのですが、対物賠償責任保険の場合は自賠責保険の対象外ですので、一切の補償はありません。
すべての賠償額に対して自腹で支払うことになりますので、無制限補償をしておくと良いでしょう。

対物賠償責任保険の説明関連ページ

対人賠償責任保険
対人賠償責任保険とはどういうものなのか?説明していきたいと思います。
人身傷害補償保険
人身傷害補償保険とは、一体どういう保険なのか?詳しく説明していきます。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは、どのような保険なのか、詳しく説明していきます。
車両保険
車両保険とは?ここでは、車両保険がどういうものなのか、説明しています。
自損事故傷害保険とは
自損事故傷害保険をご存知でしょうか?一体どんな保険なのか、説明します。
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険とは、一体どんな保険なのでしょうか?無保険車傷害保険についてです。