車両保険の説明

車両保険とは、一言で書いてしまうと自分自身の車に対する保険です。

 

賠償責任保険とは相手に対する保険で、
傷害保険とは自分や同乗者の怪我に対する保険となり、
車両保険は自分の車に対する保険となります。
事故をした時に契約をしている車両が損害を受けたら、修理代金が支払われます。

 

例えば、交通事故によって当て逃げされた場合、
車庫入れで失敗して車に傷をつけた場合、
よそ見をしていて壁や電信柱に車をぶつけてしまった場合、
駐車場でイタズラされてしまった場合、車を盗まれてしまった場合などにも
車両保険による保険金が支払われます。

 

このように車両保険とは、自分の車に関する損害を補償してもらう保険です。
「自分の車に補償はいらない」という方は、無理に車両保険に入る必要はないでしょう。

 

自動車保険に加入する最大の目的は、
他人の生命や物に対する損害賠償のリスクを軽減することです。
自動車保険の性質を考えると、車両保険は、人それぞれの価値観によって異なってくると言えます。
事実、車両保険は、補償される金額と保険料を比較すると
割高であるといった傾向がありますから、
「車両保険には加入していない」と言う方も少なくありません。
自動車保険の見直しを考えているなら、車両保険は真っ先に考えたい保険と言えるでしょう。

 

車両保険に入っておいた方が良い事例としては、高級車に乗っているようなケースでしょうか。
修理代も高くなってしまいますので、車両保険の補償があると安心です。

車両保険の説明関連ページ

対人賠償責任保険
対人賠償責任保険とはどういうものなのか?説明していきたいと思います。
対物賠償責任保険
対物賠償責任保険とは、どういう保険なのか?詳しくみていきます。
人身傷害補償保険
人身傷害補償保険とは、一体どういう保険なのか?詳しく説明していきます。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは、どのような保険なのか、詳しく説明していきます。
自損事故傷害保険とは
自損事故傷害保険をご存知でしょうか?一体どんな保険なのか、説明します。
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険とは、一体どんな保険なのでしょうか?無保険車傷害保険についてです。