自損事故傷害保険

自損事故傷害保険とは、交通事故を起こした時に、自分の過失が10割で場合や
相手がいない事故を起こしてしまった時に、対象となる保険のことです。
このような事故で怪我や障害を負ってしまった、死亡してしまった時に補償対象となります。

 

自分の過失が10割の事故とはどんな事故かと言いますと、
赤信号などで停車している車に追突をしてしまったケース、
不注意などで電信柱にぶつかってしまったケース、
センターラインをオーバーして対向車にぶつかってしまったケースなどがあたります。

 

こうした事故を起こしてしまった場合、同乗者がその車の持ち主でない場合は
自賠責保険から保険金が支払われることになりますが、
ドライバーに関しては、怪我をしても死亡をしても
自賠責保険から保険金が支払われることはありません。

 

また、事故を起こしてしまった時の過失が10割ですから、
相手からの保険は一切支払われることはありません。
電信柱やガードレールに車をぶつけたケースでは、そもそも相手がいない事故です。
このようなケースで最低限度の補償をしてくれるのが、自損事故傷害保険ですね。

 

自損事故傷害保険は、その多くが対人賠償責任保険を契約することで、
自動的にセットされてくる保険だと言っても良いでしょう。
ですので、自損事故傷害保険のみを新に加入する必要はありません。

 

ただし、自損事故傷害保険でも、飲酒運転をしていたケースや無免許での事故、
自殺を目的とした事故などは、保険金が支払われることはありません。
覚えておくと良いでしょう。

自損事故傷害保険の説明関連ページ

対人賠償責任保険
対人賠償責任保険とはどういうものなのか?説明していきたいと思います。
対物賠償責任保険
対物賠償責任保険とは、どういう保険なのか?詳しくみていきます。
人身傷害補償保険
人身傷害補償保険とは、一体どういう保険なのか?詳しく説明していきます。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは、どのような保険なのか、詳しく説明していきます。
車両保険
車両保険とは?ここでは、車両保険がどういうものなのか、説明しています。
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険とは、一体どんな保険なのでしょうか?無保険車傷害保険についてです。