人身傷害補償保険

人身傷害補償保険とは、どんな保険になるのかと言いますと、契約している車両に乗っている搭乗者が、交通事故によって怪我や後遺症、死亡といったことになった時の為の保険です。
契約している保険金額の補償範囲内で、実際に起こった損害額が支払われる実損払いの保険で、実損払いとは実際にかかった費用を補償して貰えることです。

 

人身傷害補償保険の特徴としては、自分自身の過失も含めた補償になることにあります。
入院、通院した治療日数にかかわらず、契約している保険金額の範囲内で治療費用や休業補償、慰謝料などの金額を全額で補償して貰うことができます。
また、人身傷害補償保険では契約によってはその補償範囲を広げることが出来るようになっており、契約した車両に乗っている時だけではなく、被保険者とその家族に限っては契約車両以外の車、友人や知人の車に乗っている時に事故に遭ってしまっても補償をして貰うことが可能です。
それだけではなく、街を歩いている時に自動車事故に巻き込まれてしまったなどのケースでも補償の対象となります。

 

具体的な数字を入れて例を出してみますと、仮に交通事故を起こして1000万円の損害が出たとしましょう。
この時に、相手の過失が6割、自分の過失が4割と判断された時には相手の対人賠償責任保険からは600万円が支払われますが、残りの400万円は自己負担となってしまいます。
こうした場合、人身傷害補償保険に加入していると自己負担分となる400万円を支払って貰うことが可能です。
仮に、自分の過失が10割であったとすると相手からお金が支払われることはありませんので、1000万円すべてが自己負担となりますが、人身障害補償保険に加入しているとこの1000万円を支払って貰えます。

 

 

人身傷害補償保険の説明関連ページ

対人賠償責任保険
対人賠償責任保険とはどういうものなのか?説明していきたいと思います。
対物賠償責任保険
対物賠償責任保険とは、どういう保険なのか?詳しくみていきます。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは、どのような保険なのか、詳しく説明していきます。
車両保険
車両保険とは?ここでは、車両保険がどういうものなのか、説明しています。
自損事故傷害保険とは
自損事故傷害保険をご存知でしょうか?一体どんな保険なのか、説明します。
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険とは、一体どんな保険なのでしょうか?無保険車傷害保険についてです。