免責金額で安くなる

通販型任意自動車保険が安くなる理由。
今回は「免責金額で安くなる」というお話です。

 

「免責金額で安くなる」

保険料が高額になりがちな車両保険ですが、この車両保険を安く抑える方法があります。
それが「免責金額の設定」です。

 

車両保険の契約時に「免責」を設定すると、契約者は車両の修理が必要な場合
自分が選択した一定の金額を支払う義務が生じます。
でも、車両保険自体はかなりお安くなりますよ。

 

免責金額

「補償1回目は5万円、2回目以降も5万円」といったお手頃なものから
「1回目は10万円、2回目以降は15万円」など、いくつかの選択肢が用意されています。
免責金額が高いほど保険料は安く抑えられます。

 

また、「車対車免責ゼロ特約」も同時に検討してみましょう。

 

「車対車免責ゼロ特約」
この特約は、1回目の自動車同士の衝突・接触事故で、相手の自動車が確認できた時に限り
免責金額が無料になる」というものです。

 

つまり、自動車保険加入後、その保険期間中に
初めて相手の特定できる自動車と衝突・接触事故を起こしてしまった際には
車両修理代は負担しなくても良いということです。

 

ここで免責金額を「1回目5万円、2回目以降10万円」に設定した場合で考えてみましょう。

 

自動車同士の事故を起こしてしまい、「修理代が20万円」だったと仮定します。
過失割合が5;5の時、相手の対物賠償保険から10万円
自分が加入する車両保険からは、免責金額を引いた5万円の車両修理代が支払われます。
免責金額の5万円は被保険者の自己負担です。

 

保険を利用しているため、翌年の等級は下がり(保険料が増額となり)ます。
そのうえ自己負担金まで発生です。

 

しかし「車対車免責ゼロ特約」に加入していたら、1回目の事故に限り免責がありません。
だから、自分が加入する車両保険からも10万円が支払われ、自己負担はなくなります。

 

ちなみに、この特約は「相手の特定できる車両との事故」に限定されているため
「当て逃げ事故」や「単独の自損事故」には適応されません。

 

他の補償に比べて保険金の金額は少額ですが
この特約を付けるか、付けないかで保険料はかなり変わってきます。

 

「数万円なら自分で負担できる」という方でしたら
この特約を付けないことによって、保険料をさらに節約できるでしょう。

 

しかし、数千円の保険料で数万円の負担が免れます。
運転初心者にはありがたい補償と言えます。

 

自分のカーライフ、運転技術、所有する自動車の車種などを考慮して
必要な補償を、最低限の保険料で備えたいものです