通販型任意自動車保険の事故対応力を知る

「加入」と「更新」「変更」以外で、契約者が保険会社に連絡を取る機会には
保険金請求時が挙げられます。
自動車保険では、事故発生時に保険会社に連絡される方が大多数です。

 

なぜなら、保険金請求のほかに
ロードサービスや、場合によっては代車の手配なども必要になりますから。
むしろ事故発生時には、後者の迅速な手配が求められるでしょう。

 

過失割合の問題

さらに相手がいる自動車事故であれば、過失割合の問題が生じます。
過失割合は、当事者同士が話し合うと後々のトラブルを招きかねません。
警察などの第三者立ち合いのもと、事故当事者の証言と実況見分から
あらかじめ決められている過失割合を加算・減算する方法で割り出されます。

 

事故のショックでパニック

この時、事故のショックで混乱したまま自分に不利な発言をしてしまい
一般的な負担割合よりも多くの過失を負ってしまう方もいらっしゃいます。
そのような状況を防ぐためにも、被保険者は事故が起きた後には
警察の次に、加入する自動車保険会社に連絡を入れましょう。

 

頼れるオペレーター

事故処理に精通したオペレーターが、冷静に適切な対応をしてくれます。
心強いはずです。
これは被保険者の動揺を鎮める意図もありますし
もちろん、後の妥当な負担割合の決定にも繋がります。
ロードサービスや代車の用意も、電話一本で即座に対応。

 

示談

被害者・加害者共に任意の自動車保険に加入していれば
双方の保険会社が代理人となり、後日、過去のデータに基づいた
一般的な割合によって、過失割合は示談で解決できます。

 

被保険者は事故の相手方との人間的な接触のみに執心でき
金銭トラブルに繋がる問題は保険会社に一任出来るでしょう。

 

ですがここで一つ、気に留めておくべき点があります。

 

事故現場

対面型任意自動車保険では、保険契約時に担当した保険販売員がいます。
事故発生時にも被保険者は保険会社ではなく、彼らに第一報を入れる傾向があります。
保険販売員は、担当した顧客のもとに即座に駆けつけ
被保険者とともに事故の相手や警察と対峙するでしょう。

 

遠方での事故

しかし、自動車事故の発生場所が契約時の場所と距離がある場合
他県への出張時に事故を起こしてしまった場合などは
担当の保険販売員もその場に駆けつけることは出来ません。

 

通販型の場合

通販型任意自動車保険もこれに似ています。
通販型任意自動車保険は、窓口や販売員を削減することで
安い保険料を提供しています。
そのため、契約者はインターネットや電話を通じて
保険会社と直接やり取りすることが出来ます。

 

事故現場には駆けつけない

通常、契約者がやり取りする場所はコールセンターです。
コールセンターは北海道地区、東北地区、関東地区といったように地域ごとに点在。
従って事故の一報を聞いても、被保険者のもとに駆けつけることは出来ません。

 

この点が通販型自動車保険と対面型自動車保険の違いです。
そこのところを理解しておく必要があります。