契約時の注意点〜自己責任の範囲〜

保険料が割安で、補償も自分のカーライフに合わせて選択できる通販型任意自動車保険。
加入するにあたり心がけておくべき点があります。

その一つが加入の際の内容確認です。

 

対面型任意自動車保険の場合は、保険販売員が保険の内容をあらかじめ設定しています。
なので、契約者は署名捺印のみ。「内容確認も担当者に任せきり」
という場合が少なくありません。

 

保険のエキスパートである販売員に仲介を依頼している時はそれで問題ないでしょう。
でも、通販型任意自動車保険では全てが契約者の自己責任となります。

 

事故が発生し、保険金の請求段階になって必要な補償が得られない
では意味がありませんからね。

 

補償内容も保険金額も自分で選べる通販型任意自動車保険だからこそ
加入の際は、それらをしっかりと確認する必要があるのです。

 

補償内容の設定

保険料が安くなるからといって、闇雲に補償額を引き下げたり
保険料が高額になってしまうと、補償を外してしまうのは考えものです。

 

保険料が高額ということは
「事故発生率が高く、補償金額も高額になると想定されているため」
ということを理解しておきましょう。

 

事故が起こってしまってから「やはりあの補償もつけてください」とお願いしても
保険会社としては、対応のしようがありません。
ですので、ご自分に「必要な補償」と「保険金額」を見直してみてください。

 

同意義務

また、保険契約締結の際には
「重要事項説明書」および「保険約款」への同意が義務付けられています。

 

インターネット上で保険に加入する際には、これらの文章の最下部に
「同意する」というアイコンが出現。
そこをクリックすると「文章を全て一読した」と申告することになります。

 

電話での加入の際には、後日郵送される書類の中に同じものが同封されます。
契約者は契約書類に署名捺印した時点で、「それらを一読同意した」とみなされます。

 

字数も多く、一見すると難しく感じて敬遠しがち。でも、非常に大切な文章です。
決して読み飛ばしたりせずに目を通し、不明な点などは契約前に問い合わせましょう。

 

被保険者(自動車を主に運転する方)や車両情報の申告

最後に、被保険者や車両情報の申告は、必ず正しく行ってください。
ご契約者や被保険者の住所・氏名または所有する車両に変更があった場合は
即座に変更する必要があります。

 

「車両の使用目的」

も見落としがちですが、重要な項目です。

 

例えば週5日、通勤に使用する車両にもかかわらず
使用目的を「日常・レジャー」に設定したとします。
その際、週末のドライブで発生した事故は補償されますが
平日の通勤中に起こった事故に関しては、補償対象外となってしまいます。
誤った申告も非常に多いです。

 

免許証の色が変わった場合

保険期間契約中に免許証の更新があり、色が「ゴールド」から「ブルー」に
変わってしまった場合の申告を忘れも、虚偽の申告と見なされ
保険金を支払ってもらえなくなってしまいます。

 

インターネットでの契約だから

対面型の商品と違い保険販売人が介在しません。
契約に関する情報は、全て契約者の自己申告です。
それらを確認する方もまた契約者自身となります。

 

インターネット上で契約する際、電話を通して送られてきた書面に署名捺印する際には
訂正箇所の有無の確認をすると共に、訂正の必要がある場合は
一刻も早く訂正して、連絡するようにしましょう。