自賠責保険未加入だと法律違反!

自賠責保険への加入は、自動車損害賠償保障法という法律によって定められています。
そのため、自動車を運転する全ての人は、自賠責保険への加入が必須ということになります。
自賠責保険に未加入の状態で自動車を運転するということは立派な法律違反です。
絶対に未加入の状態で、自動車を運転することがないようにしてください。

 

自賠責保険に未加入の状態で事故を起こしてしまうと、
本来自賠責保険によって支払われる賠償金が全て自己負担になってしまいます。

 

たとえば、人身事故を起こして被害者を死亡させてしまったとしましょう。
この場合、自賠責保険に加入していれば3,000万円を限度として
保険金が支払われることになり、不足分は任意保険を利用することになるわけですが、
自賠責保険に未加入だと、3,000万円は全て自己負担となってしまいます。
これだけの額を自己負担するのは、決して簡単なことではありません。
自賠責保険への加入は、万が一の時のためにも重要です。

 

また、自賠責保険への加入は法律で定められています。
未加入の状態で自動車を運転すれば
1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が課せられます。

 

同時に未加入での自動車の運転は、交通違反です。
違反点数6点が加算され、即免許停止となります。
この時注意したいのは、自賠責保険の証明書を所持していない場合も
30万円以下の罰金が課せられるという点です。
つまり、加入していても証明書を所持しておく必要があるです。
自動車を運転する場合には、必ず自賠責保険の証明書を携帯しましょう。

自賠責保険未加入だと法律違反!関連ページ

自賠責保険の補償内容
自賠責保険の補償内容はどうなっているのでしょう?ここでは、自賠責保険の補償内容をみていきます。
任意保険で自賠責保険の不足分を補う
耳鼻席保険で足りない部分は、任意保険に加入して補うことになります。